東京プログラムでは、主にアンドロイドスマートフォン向けの、アプリ開発を行います。
ユーザーの皆様の、ご要望、ご意見をお待ちしています。

Carry_Ponpon 設定方法

Carry_Ponponを利用するためのパソコン側設定方法を説明します。

設定の概要

  • パソコンとスマートフォンは、ブルートゥースのペアリングが完了していなければなりません。
  • Carry_Ponponはブルートゥースを利用してパソコンと接続します。
  • パソコン側では、スマートフォンのCarry_Ponponから送られる音声文字データをパソコン接続用アプリで受信します。
  • このブルートゥース通信は、COMポートという通信窓口を通して行いますので、パソコン側にはブルートゥース着信用COMポートが設定されていなければなりません。
  • 着信COMポートは番号で示されます。
  • パソコン接続用アプリにパソコン側着信用COMポート番号を指定すれば、スマートフォンとパソコンの通信が可能となります。


設定方法


パソコンとスマートフォンのブルートゥースのペアリング

ペアリングについては、説明を省略します。
所定の方法で、パソコンとスマートフォンのブルートゥースのペアリングを完了させてください。



パソコン側着信用COMポートNoの確認

まずパソコン画面にBluetooth 設定パネルを出します。

Bluetooth 設定パネルの出し方は、数通りありますが、下記が簡単です。

パソコン⇒コントロール パネルの検索ボックスで、「Bluetooth」と入力し、[Bluetooth 設定の変更] をクリックします。





別の表示方法
パソコン画面右下の通知領域にある「▲」ボタンをクリックし、表示される一覧から「Bluetoothデバイス」アイコンをクリックし表示されるメニューから「設定を開く」をクリックします。





Bluetooth設定パネルが現れますので、『COMポート』のタブを開きます。



このパネルの方向列で、着信用のCOMポートを確認します。
発信ではなく、着信の行を確認してください。
上の画像だとCOM9が着信用COMポートです。

上のように着信COMポートがすでに設定されている場合は、その着信COMポート番号を確認してCOMポート設定は完了です。

着信COMポートが無い場合は、次のパソコン側着信用COMポートの追加設定を行なってください。

パソコン側着信用COMポートの追加設定方法

上のBluetooth設定パネルの下の方にある『追加』ボタンをクリックします。
COMポートの追加パネルが表示されます。



『着信』にチェックをつけて、OKをクリックします。
新しい着信COMポートが追加されます。COMポート番号の表示まで少し時間がかかりますので、表示までお待ちください。
着信COMポートを確認したらCOMポート設定は完了です。


パソコン接続用アプリを起動

Carry_Ponpon.exeをクリックして、パソコン接続用アプリを起動します。
中央のCOMポート設定ボタンをクリックして、上で確認または設定した着信用COMポートNoに設定します。




着信用COMポートNoの設定の後、「ON」ボタンをクリックしてパソコン側の準備は完了です。

スマートフォンのCarry_Ponponを起動して、設定より「Bluetooth接続」をクリックすれば、接続が完了し、音声入力の文字がパソコン側で表示されます。


接続後、スマートフォンのCarry_Ponponを終了した場合、接続が切れ、接続アプリの窓が ブルー ⇒グレイ に変化します。再度接続する場合は、もう一度「ON」ボタンをクリックしてください。



Tokyo Program